MENU

カーローンは仮審査を利用しないと損をする!?

このページでは、カーローンの借入先選びで失敗しない方法を紹介しています。

 

カーローンの仮審査

 

カーローンを選ぶ場合は、仮審査を利用して比較しないと損することになりかねません。

 

というのも、仮審査を受けることで、

  • 審査可否
  • 適用金利
  • 融資金額

が分かります。

 

複数の金融機関で仮審査に申し込んで、審査に通過した中で一番条件の良いカーローンを選べば損をすることはありません。

 

審査結果も最短即日〜3営業日程度で分かるので、納車まで時間が無い方にも重宝されています。

 

 

注意点は、本命のカーローンで本審査に進んでから「融資OK」の確認を取るまでは、その他の金融機関の仮審査はキャンセルしないことです。

 

万が一、本審査で審査落ちしてしまった場合に、改めて仮審査を受ける必要が出てしまうからです。

 

仮審査の有効期間は長ければ1年間という金融機関もあります。

 

融資実行まで仮審査で受かったカーローンは、キャンセルせずにキープしておきましょう。

 

本命のカーローンで融資実行が決定してから、他の仮審査を受けた金融機関をキャンセルしましょう。

 

審査結果が出てからキャンセルしても、キャンセル料なども発生しません。

 

 

 

仮審査と本審査の違いは?

仮審査と本審査の違いは、各金融機関によって異なります。

 

一般的には、

 

【仮審査】審査項目に入力された内容を審査

 

【本審査】仮審査で記入された内容に虚偽や誤りがないか証明書類などでチェックする

 

ということになります。

 

そのため仮審査では審査時間が短く、審査結果が早く分かります。

 

最短即日〜3営業日程度で審査結果が分かるので、融資を急いでいる方にも喜ばれています。

 

 

 

仮審査の有効期間を賢く利用する!

 

一方で仮審査の審査結果には有効期間もあり、最長で1年間の有効期間があるカーローンもあります。

 

購入車種の選定段階で仮審査に申し込んでおけば、ある程度の資金繰りの目処がたちます。

 

仮審査では融資金額も提示されるので、どの金額までの車を選べばいいのか目安になるのです。

 

資金調達の目処が立っていれば、安心して車種選定ができますよね。

 

その点でも仮審査や事前審査を利用するメリットは大きいです。

 

 

仮審査に申し込むコツは?

カーローンの仮審査はほとんどの場合、WEB申し込みができます。

 

パソコンやスマホから、24時間いつでもどこでも申し込めるから便利です。

 

入力は10分前後で完了します。

 

そのため複数のカーローンの仮審査に申し込むことも簡単なのです。

 

 

最短即日〜3営業日程度で審査結果が分かるので、金利比較などもすぐにできます。

 

3〜4つのカーローンに申し込めば、借り入れできる中で一番お得なカーローンが簡単に見つかります。

 

金利が安くてオススメのカーローン(全国対応)はコチラになります。

 

借入候補先としては、魅力的な金利なので仮審査を利用してみて下さい。

 

他にも仮審査はありませんが、申し込み結果後もキャンセル可能なカーローンがあります。

 

どのカーローンも低金利なので、借入候補として検討してみて損はありません。

 

当サイトのオススメは「静岡銀行のしずぎんマイカーローン」です。

 

カーローンとしては珍しい「繰り返し利用できるタイプ(反復利用型)」なので、2回目以降は再審査なしでお借り入れできます。

 

車は購入後も車検や修理・オプション購入などお金が必要となるので、繰り返し使える「しずぎんマイカーローン」は使い勝手が良いカーローンです。

 

 

 

関連ページ

カーローンの審査基準
カーローン審査基準について、審査項目や重要視されるポイントについて。