カーローン 審査落ちた

MENU

カーローン審査に落ちたらするべきこと

カーローン審査を説明する女性

 

カーローン審査に落ちた場合、するべきこととしてはいけないことがあります。

 

先ずはしてはいけないことから。

 

【してはけないこと】

すぐに他のカーローン審査に申し込む

 

カーローン審査に落ちたということは、何らかの理由があります。

 

  • 年収が低い
  • 返済比率が高い
  • 過去に返済事故があった
  • 職業の信頼度が低い
  • 職歴が浅い

などの理由が考えられますが、何が原因で審査落ちしたかはハッキリと分かりません。

 

審査基準については、どの金融機関も公表していないからです。

 

そんな状態で他のカーローンに申し込んでも、連続して審査落ちする可能性が高いですよね。

 

納車日も決まっていて焦るかもしれませんが、何も考えずに他のカーローンに続けて申し込むのは止めておきましょう。

 

 

ディーラーローンに申し込む

カーローンと比較するとディーラーローンは、審査に通る確率は高くなる傾向にあります。

 

なのでカーローンで審査落ちすると、ついついディーラーローンを利用してしまいがちです。

 

でも、金利比較するとディーラーローンって金利が高いんですよね。

 

銀行系カーローンの金利相場が2%台〜3%台なのに対して、ディーラーローンの金利相場は8%前後となります。

 

ディーラーローンならば審査に通るかもしれませんが、何倍も高い金利で利息を返済しなければなりません。

 

ディーラーローンを利用するなということではありませんが、最後の選択肢として残しておきましょう。

 

 

カーローンで審査落ちした場合にしてはいけないことを紹介してきました。

 

それでは審査落ちしたら、何をすればいいのでしょうか?

 

次はお金を借りるためにするべきことを紹介します。

 

カーローンを説明する女性

 

 

【するべきこと】

カーローンの仮審査を利用する

 

カーローンの借入先を探す場合は、仮審査・事前審査を受けられる金融機関を選びましょう。

 

特に審査落ちした場合は、仮審査・事前審査の利用をオススメします。

 

というのも、仮審査は簡単に借入可否の目安を知ることができるからです。

 

★仮審査がお手軽な理由

  • パソコンやスマホからWEB申し込みができる
  • 24時間いつでもどこからでも申し込みができる
  • 所得証明書などの提出書類が必要ない
  • 審査結果が分かってからでもキャンセル可能

 

パソコンやスマホから24時間いつでも申し込めるので、複数のカーローンに同時申し込みも可能です。

 

仮審査では

  • 審査可否
  • 適用金利
  • 融資額

などが分かります。

 

審査結果が分かってからでもキャンセルは可能なので、一番条件の良いカーローンを選んで本審査に進めばOKです。

 

これなら審査に通った中から最も金利が安いカーローンを簡単に選ぶことができます。

 

もちろんその他のカーローンはキャンセルしても大丈夫ですし、キャンセル料が発生することもありません。

 

審査落ちしても焦らずに仮審査が利用できるカーローンを探して、先ずは仮審査に申し込んでみましょう。

 

それでもダメならディーラーローンの利用を検討する必要性が出てきます。

 

先ずは下記のカーローンの仮審査を利用してみて下さい。

 

金利が安いと評判のカーローンです。

 

仮審査はできませんが、審査結果が分かってからでもキャンセル可能なカーローンはコチラ。